リベラルの試金石2017年10月20日 00:21

右でも左でもない。イデオロギーに関係ない。

としても、リベラルと保守の違いはあって欲しい。

それは何でしょう?

様々な考え方が有り得るのは当然でしょう。

次に述べるのは、私の考えるリベラルの試金石です。

ひと言でいうと、「声を上げることのできない弱者・少数者の声を代弁すること」です。

 次に、リストを掲げます。必ずしも包括的ではありません。

◎ 民族主義と結びつくナショナリズム(一国主義・国粋主義)とは、いかようにも相容れないこと。

◎ そこに住む人々を、この国、この地方の構成員として、多様な人々を受け入れること。その受容は心の障壁の撤廃にも及ぶこと。すなわち、それぞれの人の違いを認め合い、その相違に対して寛容であること、そのためのより積極的な施策を含むこと。

○ 文化伝統に関する法規制の緩和により、より一層、個人の自己決定権を尊重すること。

○ 広い意味で消費者主権原則に基づくこと。

○ 環境保護のための予防原則に立脚すること。


 これらの要素について、保守主義を標榜する人達も、一顧だにしないということはむしろ、稀でしょう。しかし、その程度の差こそ重要だと思います。

 以上の諸点については、また今度の機会に、もう少し具体的に触れたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shosuke.asablo.jp/blog/2017/10/20/8708962/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。