14年前に亡くなった女の子ー創作2018年06月02日 14:41

今日はいつもと違って、歌謡の詩などを繋げて、ちょっとした物語を作ってみました。

相田みつをの詩に「うん」とうのがあります。以前のブログで紹介した相田みつを美術館(東京駅の近く)でカレンダーを買いました。この詩の書が6月です。

うん うん、苦しかっただろうなあ、辛かっただろうなあ と、うん うんと、頷いて。
そういう詩です。
次は、私の詩です。

すなはま。
砂浜
すな はま
すなの中に
ちいさな ちいさな 足あとが
突然あらわれて
跡を追ってゆくと
ひまわりの花の前。
しゃがみこんで
また
歩き出して
足あとが
突然 消えた。

7年も待って
また7年も待ったのだから
もう出ておいで
もう隠れんぼは いいから
出ておいで

財津和夫の歌に「会いたい」というのがあります。1990年に、沢田知可子という歌手が歌って、大ヒットしました。私は財津和夫のカラオケで、良く歌います。

女性が恋人を失って、その人を思い出しながら、「会いたい」と詩う。男性が歌うと、自分が突然死んでしまって、霊魂となった男が、目の前で嘆き悲しむ恋人を、愛しんでいる詩になります。

「今年も海に行くって
映画もいっぱい見るって 約束したじゃない
会いたい」

と、自分を責める女性をみながら、どうにもならないのです。

林部智史の「会いたい」という歌謡が最近ヒットしたようです。
これも恋人を亡くしてしまった女性の気持ちを詩っています。

「私の笑顔があなたの幸せだとしたら
前を見て生きようと 胸には決めたけど」

どうしても男性を忘れられない女性が、なんとかして涙をこらえているけれど、つい嗚咽を抑えられなくなる。一日中、女性が嘆き悲しむ様子に、霊となった男性は途方にくれます。女性がどうにかなってしまわないか。死んでしまわないか、心配でなりません。

声をかけるけれど、手を伸ばして触れようとするけれど、どうしても届きません。叫んでも、女性には聞こえません。女性の温もりも感じられない。

・・・・

ところが、夜が明けると、

その女性が、長い髪の毛に、朝日をまとって、明るい窓ぎわに立っているのです。自分の目の前に、うれしそうに見つめるその瞳があって、吐息を感じることができるのです。女性がいたわるように優しく触れる指先を感じます。

きっと、天が願いを聞き入れて、男性をこの世に生き返らせたのです。

「ひまわりの約束」という秦基博のフォークソングは有名ですね。どうして君が泣くの?という歌詞で始まります。

「そばにいたいよ 君のために出来ることが 僕にあるかな
いつも君に ずっと君に 笑っていてほしくて
ひまわりのような まっすぐなその優しさを 温もりを 全部
これからは僕も 届けていきたい 本当の幸せの意味を見つけたから」

生まれ変わって、また出会って。
その人を喜ばせることができれば良い。

自分を見て微笑んでいる女性の姿に、男性は有頂天になります。
しかし、女性の様子が少し変なんです。
女性が優しい言葉をかけてくれるのですが、男性が懸命に答えても、女性には分からないようなのです。

天が男性の嘆きに同情して、転生させてくれたのですが、小さな鉢植えのサクラソウになったのです。素焼きの小さな鉢の中に、一輪のサクラソウが咲いています。
窓辺に置いたサクラソウが朝日を浴びていると、女性があいさつをして、水やりをします。うれしそうに、鼻歌を唄っています。
サクラソウになった男性は、鏡に映った自分の姿をみて、このことに気づくのですが、その運命を受容します。
その人のそばに、ずっといられたらそれで良いと、その人が自分をみて笑っているのなら良いと、思います。

河口恭吾の歌った「桜」は、中国でもヒットしたのですが、少し前のヒット曲です。

「僕がそばにいるよ
君を笑わせるから
桜舞う季節かぞえ
君と歩いていこう」

サクラソウのおかげで、女性が次第に元気を取り戻してゆきました。

7年が経って、
そのうち、別の男性と知り合い、親しくなるんです。女性の部屋で、違う男性と嬉しそうに語りあっているのを見ながら、サクラソウが枯れ始めます。

「ハナミズキ」は2004年に発表された一青窈のヒット曲です。作詞した一青窈によると、この曲の詩は、テロで亡くなった人とその恋人や家族のことを謳っているそうです。

果てない夢が終わりますように、果てない波がちゃんと止まりますように。
「君と好きな人が百年続きますように」。

待たなくても良いよ。知らなくても良いよ。

花に泊まった白い蝶が、ひらり、空に飛んで行きます。

役目を終えたサクラソウが枯れて、男性は飛び立って行きました。

・・・・

「14年前の女児殺害事件」
(例えば、http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3382563.html
5月30日に報道されたニュースです。2004年に岡山県津山市で殺害された当時9歳の女の子のことです。別の事件で服役中の男が逮捕されました。

「どうか皆様、わずか9歳で非道な刃に散った侑子の思い出を、いつまでも忘れないでいただけるなら、幸いです」。
亡くなった女児のお父さんが告別式で述べた言葉です。
犯人逮捕後、このお父さんが、14年間、その子のことを忘れたことが無かったと言っています。(いずれも上のニュースサイトより)

上に描いた恋人を亡くした女性は、この女の子でした。霊としての存在となっていることに、自分では気付かないのです。
亡くなってからずっと、じっと悲しみに堪える父親を見ていたのです。成長した女性の姿でいつものように、自分の家で暮らしているのですが、父親のことを、自分の恋人だと思い込んでしまいました。

なぜか分からないけれど、悲しくて、辛くて。亡くなったその子が泣いていると、いつも優しく声をかけてくれる存在に気づきます。その子の写真を見ながら、語りかけるお父さんです。
父親は、犯人を探すために、今日も街頭に出かけます。恋人だと思って、少女は声をかけて送り出しているのですが、父は気付きません。
漸く犯人が捕まりました。

少女もようやく役目を終えて、天国へ旅たちます。お父さんの歌うハナミズキを聴きながら。

・・・・・

もうすぐ学会報告をしなければならないので、少し忙しくなってきました。2週間ほど更新を休みます。

再開後、またよろしくネ <(_ _)>

以下、6月6日追加。

亡くなった少女の母親の手記が公表されました。
ひまわりが大好きで、大人になったら、花屋さんになりたかった女の子だったそうです。

https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13527816.html

https://www.sankei.com/west/news/180606/wst1806060051-n1.html

木蓮のつぼみ2018年02月03日 16:49

生殖医療の問題について取り上げるのは、次回に延期します。(^∧^)

毎日、毎日、寒いですね。雪はどうですか?
筆者の住居のある辺りはほとんど雪がふりません。先日、めずらしく、ちらほら降りました。溶け残った雪をかき集めて作った泥だらけの雪だるまが、駐車場の隅で溶けかけた首をかしげていました。

以前のブログで「相田みつを美術館」のことを述べました。ちょうど2月頃の木蓮をうたった詩があります。美術館で、この書を展示していました。次の様な詩です。


「裸の木蓮」

「いま庭の木蓮は裸です
 枯葉一枚枝に残しておりません
 余分なものはみんな落として
 完全な裸です

   しかしよく見ると
   それぞれの枝の先に
   固い蕾(つぼみ)を一ツづつ
   持っています

 つまり木蓮にとって
 一番大事なもの
 ただ一ツをしっかり と
 守りながら

冬の天を仰いで
キゼンと立っています
 キゼンということばを
 独占したかのように
   裸の木蓮は
 寒風の中に
 ただ黙って立っています

   みつを  」


書では、一つ一つの段落がつぼみの形にみえます。墨の濃淡と造形で詩を表現しています。皆さんも、機会があれば見に行って下さい。東京駅の直ぐそばです。

筆者は、木蓮が好きです。淡い黄みどり色の中心から、やわらかな厚紙のような白い花弁が、「もくれん」という言葉にふさわしい花です。

暖かな風を連れて来る冷たい雨の後の晴れ間に、沈丁花が香ります。歩いていると、不意に良い香。どこにあるのか思わず周囲を見回して、花の在処を探します。沈丁花が香ると、いよいよ暖かな春の到来です。

間もなく、木蓮が咲きます。待ちに待った木蓮です。白色の、濃い紫の。
ほんとうに木蓮が待ち遠しい。


1、酒鬼薔薇聖斗

ここから、本題です。

神戸連続児童殺傷事件を覚えていますか?

酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)と名乗る犯人が、小学生を通り魔的に殺傷したあの事件です。特に、特殊学級に通う小学6年生の子供の命を奪い、頭部を切り落として、中学校の正門前に置いていたことで、社会を震撼させました。その犯人は、少年Aと呼ばれた14才の中学生でした。

当時、新聞、雑誌、テレビの取材合戦が起きて、様々な報道がありました。

その中で、被害者加害者双方の当事者からの手記が公表されています。

被害者の父親の書いた手記です。
『淳』 (新潮文庫) ・土師 守 (著)

あどけない少年の様子が表紙に載っています。残忍な犯行に対して憎悪を掻き立てます。

その日、いつもと変わらない様子で家を出た子は知的障害のある子でした。家族がどんなに大切にして、愛おしんでいたか。

元少年Aは少年院を退院した後、『絶歌』(太田出版)という手記を発表しています(2015年)。

加害少年の父母の手記も刊行されました。『少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記』 (文春文庫)

少年院で、加害少年の矯正に取り組んだ元法務教官の記録も公刊されています。

多分に信憑性に欠けるところもありますが、ネットの情報によると、少年院を退院後、四国に居住していたことがあるそうです。

事件直後に、加害少年は実名や写真のほか、刑事事件における供述調書の内容を雑誌に公開されました。今現在に至るまで、居住地や最近の雑誌社の取材の様子など多くの情報が、虚偽のものを含めてネット上に掲載されています。

成人した加害者が日本の社会でどのように暮らしていけるのでしょうか。名前を変えたり、もしかすると整形しないといけないかもしれませんね。

2,刑罰の目的と国家による社会の管理

犯罪を犯すと、刑罰や処分が下されます。犯罪者(非行少年)の矯正や更生がその目的であると考えるのが、わが国の刑法学上の多数説です。教育刑という考え方です。

もっとも被害者側の報復感情に答えるという側面や、そのような犯罪に対しては罰を与えるべきであるという因果応報に対する社会心理も関係するように思えます。

犯罪加害者に対する人権の尊重と、これにより現代的な刑罰観が確立される前は、社会には残虐な刑罰が存在しました。公衆の面前での斬首はフランス革命の史実として有名です。江戸時代の日本では磔獄門(晒し首)が通常の刑罰の方法でした。被害者が犯罪者の最期を見ることでその報復感情に答えることができるし、公衆がこれを見物することは、社会一般の犯罪抑止のための見せしめとなります。

また、応報の観念に即することで、何をすれば、どうなるかの過程を知ることができ、社会的ルールを確認することができます。結果として社会的安心に通じるかもしれません。

公衆が死刑を「見物」できることは、古来より一般的でした。残虐な暴力が死を招く瞬間を見ることが、多くの人々の、感興の的であったのではないでしょうか。そのようないわば行事が定期的に催されることで、その社会の暴力を総体的に抑制できると考えられたのでしょう。その意味では、祭りが、その地域社会すなわち共同体の結束の証しであり、許された「けんか」として、暴力の発露が一定のルールの下に認められるのと似ています。

現在でも、例えばアメリカの州の中には、死刑を公開しているところが多いです。電気椅子や薬殺の場面が、近隣地域の住民に一般公開されます。被害者や住民の前で、死刑が執行されるのですが、これがその地域社会の伝統なのです。その目的はやはり、被害感情への応答や悪者の最期を見届ける住民の意思が考えられます。

人類は、動物として、その遺伝情報に暴力的因子を持っているのです。この発動を適度に押さえない限り、人類社会の存立が危機に曝されます。

弱肉強食の動物としての群れが、類人猿の集落を経て、一定の規範を備えた人類社会へと「進化」するとして、その共同体におけるルールは、動物としての一定の規則性から、集落の慣習や宗教的(神事としての)規範が生まれ、やがて法としての規範に至ります。どの段階から「法」と呼び得るかには議論がありますが、書かれた法か不文の法かは別として、ある段階からは原初的な法的ルールとなることに疑いがありません。そのルールは、社会経済的には、その共同体において、最大多数の個体を維持できるために考案されたと言えるでしょう。規範の存在が社会的安心に通じる仕組みが我々の社会の深層に存在するのです。


『時計じかけのオレンジ』(スタンリー・キューブリック監督)という1972年公開の米国映画があります。近未来を描くSF映画です。

残虐な暴力行為を繰り返す非行集団のリーダーが、刑務所で矯正措置を受けます。映像による暗示と生理的拒絶という「最新の科学的方法」により、暴力行為に対して拒否反応を引を起こすように改造されるのです。その過程は、身体的な手術を伴わないけれど、まるでロボトミー手術のようにも見えます。この方法で全ての犯罪者を矯正することができれば、犯罪を防止し、社会を安全にするというわけです。

他方、キューブリック監督の『フルメタル・ジャケット』という映画があります。前半は、ベトナム戦争のために徴兵された若者が、米国軍隊のキャンプで殺人兵器に改造される様子を描いています。米国内の駐留地で改造が施された兵士達が、ベトナムに送り込まれるのです。

キューブリック監督の映画では、いずれの改造もある意味では失敗に終わります。

何を犯罪にするのか、どんな刑罰を与えるのが相応か。教育刑としても、報復感情や因果応報の理に訴えるとしても、いずれにしても国家が社会を統制したり、管理することに関係します。キューブリックの映画は、このような社会統制や社会管理に国家制度が関わることを如実に描き出しているようです。

3,日本人のランク付け

最近よく「東大生の・・・」というテレビ番組や書籍を見かけるようになりました。その出身者である研究者が研究の粋を公表するというものではなくて、現役東大生である若者が出てくるものです。東大生は「頭が良い」から、そのような若者の凄いところを見るのが、大衆の感興の的なんでしょうかね。

以前、東京大出身のある学者に聞いたことなんですが、東大入学式で、法学部出身の総長が次の様な祝辞を述べたそうです。君たちは、日本を引っ張ることになっているのだから、しっかり頑張って、日本のために働きなさい、という趣旨の祝辞です。東大以外にほぼ人が居ないというほどの強いエリート意識を持ったその集団は、実際に、勤勉であり、人によると血を吐くほどの努力家でもあります。

もっとも東大以外にも、京都大学にも多かれ少なかれそのような側面があるのでしょう。

一部の能力のある者が大衆を先導し、社会運営に当たり、社会の発展に寄与するべきだというのが、エリート主義です。われわれは、これに慣れてしまっているのでしょうか。

日本人は偏差値によるランク付けをほとんど大前提にしているようです。思春期の大部分を偏差値と格闘して、漸く大学に入学すると、多くの学生が勉学を放棄するというのが、大学教員としての日常的経験です。多くの場合に、高校入試で偏差値の洗礼を受け、そのランク付けを当然視しながら、それ以降は、このランクの枠を意識して、具体的には偏差値の5ポイント単位の変動を目指しながら勉強をします。公立学校の教育には飽き足らず、終業後に塾通いするのが通常でしょう。

ランク付けは勉学だけではなく、スポーツでは一層当たり前です。全国的な運動テストにる能力比較がなされます。例えば、市域の大会から始まって、各都道府県大会、更に大きな地域大会から全国大会へと、子供達の中から選抜されて行きます。このような組織的なスポーツ大会も、国の政策の下で遂行されます。スポーツの振興に伴い、国民の世界大会での活躍がその国の国力を示すかのような、国威発揚の宣伝にも用いられます。

小学生や中学生の大会で優秀な成績を上げると、中学あるいは高校のスポーツ推薦入学、その後は大学へと続きます。入学金や学費は免除、全寮制で生活費の心配も無く、スポーツの鍛練に集中することができます。そのスポーツ部を退部しない限り、一銭もかからないのです。その後、プロ選手になる一部の者を除くと、大卒資格を得て社会人となります。スポーツ・エリートです。

余談ですが、ナチスドイツでは、オリンピックで活躍できるような優秀なスポーツ選手が民族主義的な宣伝に使われました。ゲルマン民族の優秀性を示すものとされました。

話を元に戻すと、勉学にしても、スポーツにしても、人の能力の数値化がここでのキーワードです。全国的な試験に基づく偏差値による全日本人のランク付け、速度や採点による数値化によるランク付けが、人の「階級」を決めます。その若者の将来を決定するものが、それらの数字です。

幼い知的、精神的能力のままに、このシステムに気づいてしまった者が、そびえ立つ岸壁の前に唖然として立ち止まってしまうことは無いでしょうか。幸いにして、多くの人がシステムの中にあって、このランク付けのシステムを内面化しているので、辛うじて正気を保つことができます。無意識裡に、自覚的理解の能力もなく、これに気づき、その岸壁をよじ登るなんてとても不可能だと、全ての希望を失ってしまうかもしれません。実際は、知らず知らず登らされて行くので、そんなに心配はいらないとしてもです。

4,再び、少年A

驚くような非行に陥る未成年者が、家庭や学校では大人しい良い子であったということが間々あります。親や教師の面前では、気に入られるような態度を身につけているけれど、内面的には病的な問題を抱えていることが有り得ます。少年Aも、その両親には、後に非行に繋がるような精神的な問題点を感じさせなかったのかもしれません。

当時の新聞記事を今でも覚えています。少年Aが、登校した振りをして自宅を出た後、児童公園のいつものベンチに腰掛けて、誰も居ない広場や遊具を見て過ごしていたというものです。

13,4才の少年が学校の集団生活から逃避して、たった1人で、公園にたたずんでいるのです。誰も居ない砂場、座る者のないブランコが微かに揺れ、湿ったグランドに陽が当たり、そこに雀ぐらいは遊んでいるかもしれません。何時間も、ぼんやりとそのような風景を見ていたのでしょう。

なんという孤独でしょうか!その切なさが胸に迫りました。

そんな事件を起こしてしまうなんて。大切な人の命を奪うなんて。

同時に、淳君のお父さんの慟哭が!

私たちは、どちらの子供も救うことができないのですね。

2月の寒風にさらされている木蓮の堅いつぼみを。

ハナミズキ2018年01月12日 01:22

ハナミズキという樹木がありますね。

5月ごろに、白色や薄ピンクの花をつけて、街路樹にもよく使われます。

「日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国ワシントンD.C.へサクラ(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まり」だそうです。(ウィキペディアより)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%AD

その後、太平洋戦争が起きて、日米が敵国となり、壮絶な殺し合いとなりました。どちらの国にも多大な犠牲を生じました。

日本よりアメリカに桜が送られたエピソードは有名です。アメリカの首都ワシントンのポトマック河岸は、全米で著名な桜の名所となっています。

ハナミズキがその返礼であったということは、日本人にあまり知られていないようです。筆者も寡聞にして知りませんでした。

待ち遠しい暖かな春を、沈丁花の香りと木蓮の可憐な花が連れて来てくれます。その後、桜が散ると、ハナミズキの季節です。

晩春から初夏にかけて、とても心地よい風の中に、地味なハナミズキの花が咲きます。自己主張の少ないこの花が昔から好きでした。

一青窈のハナミズキという歌が有ります。男性から親しい人に向けて送られる花の歌です。

サビの部分です。

「ひらり蝶々を
 追いかけて白い帆を揚げて
 母の日になれば
 ミズキの葉、贈って下さい
 待たなくてもいいよ
 知らなくてもいいよ

 薄紅色の可愛い君のね
 果てない夢がちゃんと
 終わりますように
 君と好きな人が
 百年続きますように

僕の我慢がいつか実を結び
 果てない波がちゃんと
 止まりますように
 君と好きな人が
 百年続きますように」

以外に知られていない、ハナミズキの歌詞の意味まとめ。
https://matome.naver.jp/odai/2140316640183955001

筆者もよく歌います。披露宴の定番のようです。片思いの男性が好きな女性への純愛を歌い上げているのだと思っていました。

実は、9.11テロのことを知って、一青窈が、涙を流しながら書き上げた歌だったそうです。筆者も同様の経験をしました。

詩というものは、読み手の好きなように解釈して構わないものです。テロで亡くなった夫、父、恋人が、天国から、地上のかけがえのない人に送った歌なんですね。遺体さえ見つからない。遺族は、せめて遺体だけでも探し出して、弔いたい。自分の身体のすぐそばに置いておきたいと、心からそう願ったでしょう。

「待たなくてもいいよ、知らなくてもいいよ。君と好きな人が百年続きますように」。

口ずさみながら、思わず涙ぐみました。

ところで、一青窈は、台湾人の父と日本人の母の間の子供です。幼くして父を亡くし、亡き父親に会いたいと思ったことがあったそうです。

アメリカによるイスラムへの攻撃と、その反撃としてのテロ。怨嗟と力による報復の連鎖があります。この連鎖を断ち切るにはどうすれば良いのでしょう。

国境の壁が、人々の交流を阻み、国境の壁で取り囲まれた領域の中で、ナショナリズムが高揚すると、もう自分の国のことしか考えられなくなって、他の国の人はどうなっても良い、「殺しても良い」!!!というふうに考えるのでしょう?

私は血が嫌いだ
他人の血をみることが嫌いだ
血をみると たまらなく胸くそが悪くなる。
血が嫌いだから
戦争が嫌だ
世界中の戦争が嫌だ
この世の中から戦争が無くなれば良い
もしも
もしも
この国で戦争が始まりそうになったら
何が何でも
戦争は嫌だ
喉から血を流しても
そう叫びたい

赤ワインをグラスで二杯飲んで、酔っています。
テロで亡くなった人の気持ちを考えると
泣き出しそうになります。